「標的:麻薬王 エル・チャポ」アンドルー・ホーガンほか著、棚橋志行訳

公開日:

 去る11月5日、麻薬王エル・チャポの裁判がニューヨークの連邦地裁で開始された。チャポはコカイン、ヘロイン、大麻、メタンフェタミンなどを米国に密売し、1兆5400億円もの収益を上げたとされる。証人保護などのため最も費用(55億円)のかかる裁判として注目されている。

 著者のホーガンは元米国麻薬取締局(DEA)特別捜査官で、本書は著者らがチャポ逮捕に至るまでの経緯を詳細につづったもの。チャポはメキシコ生まれで、世界最大の麻薬組織シナロア・カルテルの首領として巨万の富を得ていた。

 1993年にグアテマラで逮捕されるが、2001年に脱獄。以後、捜査当局の手から逃れ続け「アル・カポネ以来最大の社会の敵」と呼ばれた。政府高官や警察官まで取り込む組織を壊滅するのは至難の業と思われていたが、著者らは地道な捜査を重ね、ついにチャポ逮捕にこぎ着ける。ところがチャポは刑務所から再び脱獄――。

 DEAとカルテルとの虚々実々の駆け引きは、まるで映画を見ているよう。知られざる麻薬捜査の裏事情や麻薬組織の実態も赤裸々に描く犯罪実話。

(ハーパーコリンズ・ジャパン 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る