「シャーロック・ホームズ入門百科」小林司、東山あかね著

公開日: 更新日:

 世界中に愛好家団体があり、その「実在を疑わない」熱狂的なファンまで存在する探偵シャーロック・ホームズ。コナン・ドイルによって1887年から発表された物語は全60タイトルに及ぶ。その作品世界を熟知した日本を代表するシャーロキアンによるガイドブック。

 まずはホームズが下宿したロンドン・ベーカー街へ。ホームズの時代に既に開通していた地下鉄構内や下宿していたとされる場所の近くにある博物館、作品に登場する高級ホテル、レストランなどゆかりの場所を巡る。

 さらに作品から読み取れるホームズの生涯や人柄をはじめ、食卓や音楽趣味までありとあらゆる視点から分析。全作品のあらすじも網羅しており、読めばホームズ愛に感染すること間違いなし。

(河出書房新社 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  6. 6

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  10. 10

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

もっと見る