• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

図書館はいつも楽しい

「晴れた日は図書館へいこう」緑川聖司著 ポプラ文庫ピュアフル 580円+税

【話題】子どもの頃、天気のいい日に家で本を読んでいると、「こんな天気に、家になんかいないで外で遊びなさい」と親に叱られたことのある人も多いだろう。

 でも、うららかな日差しを浴びながら自分の好きな本を読むのは、なかなかに至福の瞬間ではある。本書の主人公は、そんな本好きの小学5年生の女の子だ。

【あらすじ】幼い頃に両親が離婚し、今は母と2人暮らしの茅野しおりは、本を読むのが大好きで、暇さえあれば近所にある市立図書館へ行って新しい本を借りて読むのが、何よりの楽しみ。図書館にはいとこの美弥子さんが司書として働いており、本のプロである彼女から読書について手ほどきを受けるのもうれしくて仕方がない。

 ある日、しおりが図書館で「魔女たちの静かな夜」という本を借りようとしていたとき、小さな女の子がやってきて「あ、わたしの本」と声を上げた。そう言われて、カナちゃんというその子に本を渡したしおりだが、「わたしの本って?」と不思議に思っていた。その謎を見事に解いてくれたのは美弥子さん。そしてそこには母親の温かい愛情があったのだ。

 またあるときは、児童書のコーナーから本が何冊も行方不明になっていた。調べてみると、なくなった本には共通の特徴があり、ある意外な理由が……。

【読みどころ】最終話は、幼い頃に別れたきりの父親としおりが図書館で再会する心温まるエピソード。そして番外編の「雨の日も図書館へいこう」は、本編でホームズ役としてしおりを助ける美弥子さんの小学生時代の、ある雨の日に起きた図書館の思い出。要するに、晴れた日も、雨の日も、いつでも図書館は楽しいんだよ、という作者の熱いメッセージが伝わってくる。〈石〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る