図書館はいつも楽しい

公開日: 更新日:

「晴れた日は図書館へいこう」緑川聖司著 ポプラ文庫ピュアフル 580円+税

【話題】子どもの頃、天気のいい日に家で本を読んでいると、「こんな天気に、家になんかいないで外で遊びなさい」と親に叱られたことのある人も多いだろう。

 でも、うららかな日差しを浴びながら自分の好きな本を読むのは、なかなかに至福の瞬間ではある。本書の主人公は、そんな本好きの小学5年生の女の子だ。

【あらすじ】幼い頃に両親が離婚し、今は母と2人暮らしの茅野しおりは、本を読むのが大好きで、暇さえあれば近所にある市立図書館へ行って新しい本を借りて読むのが、何よりの楽しみ。図書館にはいとこの美弥子さんが司書として働いており、本のプロである彼女から読書について手ほどきを受けるのもうれしくて仕方がない。

 ある日、しおりが図書館で「魔女たちの静かな夜」という本を借りようとしていたとき、小さな女の子がやってきて「あ、わたしの本」と声を上げた。そう言われて、カナちゃんというその子に本を渡したしおりだが、「わたしの本って?」と不思議に思っていた。その謎を見事に解いてくれたのは美弥子さん。そしてそこには母親の温かい愛情があったのだ。

 またあるときは、児童書のコーナーから本が何冊も行方不明になっていた。調べてみると、なくなった本には共通の特徴があり、ある意外な理由が……。

【読みどころ】最終話は、幼い頃に別れたきりの父親としおりが図書館で再会する心温まるエピソード。そして番外編の「雨の日も図書館へいこう」は、本編でホームズ役としてしおりを助ける美弥子さんの小学生時代の、ある雨の日に起きた図書館の思い出。要するに、晴れた日も、雨の日も、いつでも図書館は楽しいんだよ、という作者の熱いメッセージが伝わってくる。〈石〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る