図書館はいつも楽しい

公開日: 更新日:

「晴れた日は図書館へいこう」緑川聖司著 ポプラ文庫ピュアフル 580円+税

【話題】子どもの頃、天気のいい日に家で本を読んでいると、「こんな天気に、家になんかいないで外で遊びなさい」と親に叱られたことのある人も多いだろう。

 でも、うららかな日差しを浴びながら自分の好きな本を読むのは、なかなかに至福の瞬間ではある。本書の主人公は、そんな本好きの小学5年生の女の子だ。

【あらすじ】幼い頃に両親が離婚し、今は母と2人暮らしの茅野しおりは、本を読むのが大好きで、暇さえあれば近所にある市立図書館へ行って新しい本を借りて読むのが、何よりの楽しみ。図書館にはいとこの美弥子さんが司書として働いており、本のプロである彼女から読書について手ほどきを受けるのもうれしくて仕方がない。

 ある日、しおりが図書館で「魔女たちの静かな夜」という本を借りようとしていたとき、小さな女の子がやってきて「あ、わたしの本」と声を上げた。そう言われて、カナちゃんというその子に本を渡したしおりだが、「わたしの本って?」と不思議に思っていた。その謎を見事に解いてくれたのは美弥子さん。そしてそこには母親の温かい愛情があったのだ。

 またあるときは、児童書のコーナーから本が何冊も行方不明になっていた。調べてみると、なくなった本には共通の特徴があり、ある意外な理由が……。

【読みどころ】最終話は、幼い頃に別れたきりの父親としおりが図書館で再会する心温まるエピソード。そして番外編の「雨の日も図書館へいこう」は、本編でホームズ役としてしおりを助ける美弥子さんの小学生時代の、ある雨の日に起きた図書館の思い出。要するに、晴れた日も、雨の日も、いつでも図書館は楽しいんだよ、という作者の熱いメッセージが伝わってくる。〈石〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る