「奇説無惨絵条々」谷津矢車著

公開日: 更新日:

 雲州松平家前当主・松平宗衍は家臣に引退させられ下屋敷で一切の布着用を認めない裸の茶会を催すなどして日々を過ごしていた。

 ある日、出入りの播磨屋が女衒(ぜげん)から買った女、幸を連れてきた。奥州の出で、飢饉で全滅した村の生き残りだった。家族全員の死を見ていることしかできなかった幸は、江戸は極楽だという。宗衍は、ここが極楽か否か、己が目で見定めよと言い、裸で仕事をさせるなどして虐待するが、幸は音を上げない。だが、宗衍が幸の美しい背中に幽霊の入れ墨を入れさせると……。(「雲州下屋敷の幽霊」)

 古本屋が、狂言の作者・河竹黙阿弥に台本のネタとして5編の戯作を渡すという設定の時代小説5編を収録。

 (文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る