「平成の東京12の貌」文藝春秋編

公開日: 更新日:

 ノンフィクション作家12人が、変貌する東京の街をテーマにつづるリレールポルタージ。

「ゴジラとタワーマンション」と題した髙山文彦氏の作品は、東京タワーの大展望台から見渡したタワービル群の光景から始まる。200メートル超えのそれらの建物を目の当たりにして、身長50メートルのゴジラはもはや、東京を破壊することなどできないではないかと嘆く。

 一方で、数年前にタワーマンションの43階から転落死した6歳の女の子の事件に思いを馳せる。近年、蔓延する「高所平気症」なる傾向を指摘し、タワマンは便利と安全とを引き換えに、大いなるものを人間から遮断し、奪ってはいないかと問いかける。

 その他、保育園建設に反対する住民を取材する森健氏など、それぞれの視点で東京を見つめる。

(文藝春秋 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る