「平成の東京12の貌」文藝春秋編

公開日: 更新日:

 ノンフィクション作家12人が、変貌する東京の街をテーマにつづるリレールポルタージ。

「ゴジラとタワーマンション」と題した髙山文彦氏の作品は、東京タワーの大展望台から見渡したタワービル群の光景から始まる。200メートル超えのそれらの建物を目の当たりにして、身長50メートルのゴジラはもはや、東京を破壊することなどできないではないかと嘆く。

 一方で、数年前にタワーマンションの43階から転落死した6歳の女の子の事件に思いを馳せる。近年、蔓延する「高所平気症」なる傾向を指摘し、タワマンは便利と安全とを引き換えに、大いなるものを人間から遮断し、奪ってはいないかと問いかける。

 その他、保育園建設に反対する住民を取材する森健氏など、それぞれの視点で東京を見つめる。

(文藝春秋 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

もっと見る