北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「駒音高く」佐川光晴著

公開日: 更新日:

 将棋小説である。将棋会館の清掃員を描く短編もあれば、引退間際の棋士を描く作品もある。将棋にまつわる人々の話を7編収録した作品集だ。

 将棋観戦記者を描く第6話「敗着さん」をはじめとして興味深い世界を描く短編が少なくないが、第3話「それでも、将棋が好きだ」が強い印象を残している。

 それは敗れていく者を描いているからだ。どの世界でも同じだとは思うが、将棋の世界もまた厳しく、誰もが棋士になれるわけではない。奨励会の試験に受かっても途中で断念していく者が少なくないほど、その道はとても険しい。第3話の主人公祐也は、その奨励会の試験にも受からないのだ。年下の子供が軽々と自分を追い抜いていく屈辱、焦っても焦っても勝てないことの苛立ち。そしてとうとうプロ入りを断念するのだが、そのときの祐也がまだ中学1年であることに留意。そんな年で、思い描いていた自分の未来を諦めなければならない、というのはつらい。いつかは断念しなければならないのだろうが、その年齢で諦めるのはつらい。将棋の世界はそのくらい厳しいということだ。

 しかし祐也には、世間の誰もが感心したり、褒めそやしたりする能力だけが人間の可能性ではない、と言い、「2年と2カ月、よくがんばった。今日までひとりで苦しませて、申しわけなかった」と謝る父がいる。家族がいる。君の未来は大丈夫だ、と励ましたくなってくる。

(実業之日本社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  9. 9

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る

人気キーワード