「彼女の恐喝」藤田宜永著

公開日:

 母子家庭で育った岡野圭子は、六本木のクラブでホステスをしながら大学に通っている。台風の夜、タクシーで送ってくれた初対面の客にしつこく体を触られ、途中でタクシーを降りた。停電の中、車のライトを頼りに歩いていると、突然、男が前方に現れた。ライトで照らし出された顔は、店の客の国枝だった。人材派遣会社を経営している男だ。右足を少し引きずりながら、何かに追い立てられるように歩いてゆく。

 翌日ニュースで、杉並区のマンションで華道講師の女性が刺殺されたことを知った。ここは昨夜、国枝が出てきたマンションでは? 圭子はパソコンで「恐喝罪」を検索した。

 自分が恐喝した男を愛してしまった女を描くサスペンス。

(実業之日本社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る