「彼女の恐喝」藤田宜永著

公開日:

 母子家庭で育った岡野圭子は、六本木のクラブでホステスをしながら大学に通っている。台風の夜、タクシーで送ってくれた初対面の客にしつこく体を触られ、途中でタクシーを降りた。停電の中、車のライトを頼りに歩いていると、突然、男が前方に現れた。ライトで照らし出された顔は、店の客の国枝だった。人材派遣会社を経営している男だ。右足を少し引きずりながら、何かに追い立てられるように歩いてゆく。

 翌日ニュースで、杉並区のマンションで華道講師の女性が刺殺されたことを知った。ここは昨夜、国枝が出てきたマンションでは? 圭子はパソコンで「恐喝罪」を検索した。

 自分が恐喝した男を愛してしまった女を描くサスペンス。

(実業之日本社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る