「競輪選手」武田豊樹著

公開日: 更新日:

 著者は、スピードスケートの代表選手として02年ソルトレークシティーオリンピックに出場後、競輪選手に転向。29歳でデビュー後は競輪界最高峰のレースに優勝するなど、トップレーサーとして活躍し、これまでに約15億円の賞金を手にしてきたという。

 公営ギャンブルである競輪は、他の競技と比べて推理する要素が多く、選手数もプロスポーツ界最大で、的中させるのが最も難しいとされる。選手もファンも、「人生の縮図」といわれる競輪がもつ奥深さに憑(つ)かれると抜け出すことができなくなるという。

 本書は、スピードスケート選手時代から挫折続きだったというその半生を振り返りながら、競輪選手の日常や、レースの駆け引き、仲間との絆など、知られざる競輪の世界を明かす。

(KADOKAWA 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る