「戦神」赤神諒著

公開日: 更新日:

 大友軍の総大将・戸次親家は、勝てるはずだった明見城の攻防戦で味方の裏切りに遭い、主君大友親治の次男で戸次家の養子になった五郎九郎を失った。主君の怒りはおさまらず、その責を負って妻・お梅の命を差し出すことになったのだが、お梅は身重の身だった。 せめて我が子の顔を見てから死なせてほしいと懇願したものの通らず、お梅は子どもを助けるために自ら腹を切って、子猫ほどの大きさの子の命を救い出す。

 鬼の子と呼ばれ、八幡丸と名付けられたその子は、波乱に満ちた人生のスタートから生き延び、立派な武士へと成長していく。

 やがて新たな主君となった大友義鑑のもと、戸次鑑連として戦の才能をめきめきと発揮することになるのだが……。

 2017年「義と愛と」(「大友二階崩れ」に改題)で第9回日経小説大賞を受賞してデビューした著者の最新作。日本一の武将といわれた戸次鑑連(のちの立花道雪)の過酷な運命と愛の姿が強烈な印象を残す。デビュー作はもちろん、鑑連に仕官した柴田治右衛門を描いた「大友の聖将」やデビュー作の続編「大友落月記」と併せて読むのもお勧め。

(角川春樹事務所 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る