「姥捨て山繁盛記」太田俊明著

公開日: 更新日:

 初期の認知症と診断され、59歳で大手企業を早期退職した西澤亮輔は、山梨県穂津村の介護施設「シニアの郷・穂津」に入所する。周囲の景色は美しく散歩にはもってこいの場所だが、川から下はダムの水没予定地になっており、立ち入り禁止区域だという。娘の由香が言うには、50年前に持ちあがったダム建設計画の反対者たちが居残る“姥捨て村”があるらしいのだ。そして村には日本一のワイナリーがあるとも。

 ある事件をきっかけに姥捨て村を訪れるようになった亮輔は、やがてワイナリーを営む枡山が語る、村への思いに共感。亮輔は村に移り住み、村営に乗り出すのだが……。

 ダム建設を巡って分裂した村を舞台に、新しい人生を生きる意欲を取り戻した男を描いた、第8回日経小説大賞受賞作。(日本経済新聞出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る