• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「姥捨て山繁盛記」太田俊明著

 初期の認知症と診断され、59歳で大手企業を早期退職した西澤亮輔は、山梨県穂津村の介護施設「シニアの郷・穂津」に入所する。周囲の景色は美しく散歩にはもってこいの場所だが、川から下はダムの水没予定地になっており、立ち入り禁止区域だという。娘の由香が言うには、50年前に持ちあがったダム建設計画の反対者たちが居残る“姥捨て村”があるらしいのだ。そして村には日本一のワイナリーがあるとも。

 ある事件をきっかけに姥捨て村を訪れるようになった亮輔は、やがてワイナリーを営む枡山が語る、村への思いに共感。亮輔は村に移り住み、村営に乗り出すのだが……。

 ダム建設を巡って分裂した村を舞台に、新しい人生を生きる意欲を取り戻した男を描いた、第8回日経小説大賞受賞作。(日本経済新聞出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る