「姥捨て山繁盛記」太田俊明著

公開日:  更新日:

 初期の認知症と診断され、59歳で大手企業を早期退職した西澤亮輔は、山梨県穂津村の介護施設「シニアの郷・穂津」に入所する。周囲の景色は美しく散歩にはもってこいの場所だが、川から下はダムの水没予定地になっており、立ち入り禁止区域だという。娘の由香が言うには、50年前に持ちあがったダム建設計画の反対者たちが居残る“姥捨て村”があるらしいのだ。そして村には日本一のワイナリーがあるとも。

 ある事件をきっかけに姥捨て村を訪れるようになった亮輔は、やがてワイナリーを営む枡山が語る、村への思いに共感。亮輔は村に移り住み、村営に乗り出すのだが……。

 ダム建設を巡って分裂した村を舞台に、新しい人生を生きる意欲を取り戻した男を描いた、第8回日経小説大賞受賞作。(日本経済新聞出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る