「真夏の雷管」佐々木譲著

公開日: 更新日:

 北海道警・大通署生活安全課の百合は、模型店で工具を万引した小学6年の大樹を補導する。しかし、目を離したすきに大樹は署から逃走。百合は名前しか分からない大樹の行方を捜す。

 同じころ刑事3課の佐伯は、夜中に泥棒が入った園芸店に出動。聴取中、店主の妻が肥料として販売している硝酸アンモニウムが消えていることに気づき、佐伯らに緊張が走る。硝酸アンモニウムは爆薬の原料となるからだ。ただの窃盗事件ではなさそうだ。

 犯行時刻にコンビニの監視カメラに写っていた車が、元JR北海道の社員・梶本が所有するものと判明。梶本の行方を追う佐伯は、百合から話を聞いた大樹が梶本と行動を共にしている可能性が高いことに気づく。

 ベストセラー「北海道警察」シリーズ第8弾。

(角川春樹事務所 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る

人気キーワード