「真夏の雷管」佐々木譲著

公開日: 更新日:

 北海道警・大通署生活安全課の百合は、模型店で工具を万引した小学6年の大樹を補導する。しかし、目を離したすきに大樹は署から逃走。百合は名前しか分からない大樹の行方を捜す。

 同じころ刑事3課の佐伯は、夜中に泥棒が入った園芸店に出動。聴取中、店主の妻が肥料として販売している硝酸アンモニウムが消えていることに気づき、佐伯らに緊張が走る。硝酸アンモニウムは爆薬の原料となるからだ。ただの窃盗事件ではなさそうだ。

 犯行時刻にコンビニの監視カメラに写っていた車が、元JR北海道の社員・梶本が所有するものと判明。梶本の行方を追う佐伯は、百合から話を聞いた大樹が梶本と行動を共にしている可能性が高いことに気づく。

 ベストセラー「北海道警察」シリーズ第8弾。

(角川春樹事務所 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る