街歩き歴30年 作家・川本三郎氏の「東京文芸散歩」

公開日:  更新日:

 若いころから街を歩き、変わりゆく東京の姿を見続けてきた作家の川本三郎氏。そんな街歩き歴30年の川本氏が小説で東京の街をご案内。オジサン世代が青春時代を過ごした懐かしい街の風景に、思わず再訪したくなること間違いなしだ。

■新宿・大久保

 新宿の歌舞伎町から大久保周辺がエスニックタウン化し始めたのは、1980年代のこと。そんなアジア化していく新宿の街をもっとも早く描いた小説が、佐々木譲著「新宿のありふれた夜」(KADOKAWA 560円)だ。

 学生運動に破れて以来、隠れるように新宿の街で生きてきた全共闘世代の郷田が、ヤクザと警察に追われる不法滞在のベトナム難民少女を、包囲網が張り巡らされた新宿から逃すために奔走する。

「雑多ゆえに自由さがあった歌舞伎町、湿っぽさが漂う大久保周辺の描写はまさに80年代です。出会いのシーンの風林会館近くのスーパー・エニイは02年に閉店しましたが、大久保周辺には小説の文章のまま、今も昭和30年代を思わせる一角が残っていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る