• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

街歩き歴30年 作家・川本三郎氏の「東京文芸散歩」

 若いころから街を歩き、変わりゆく東京の姿を見続けてきた作家の川本三郎氏。そんな街歩き歴30年の川本氏が小説で東京の街をご案内。オジサン世代が青春時代を過ごした懐かしい街の風景に、思わず再訪したくなること間違いなしだ。

■新宿・大久保

 新宿の歌舞伎町から大久保周辺がエスニックタウン化し始めたのは、1980年代のこと。そんなアジア化していく新宿の街をもっとも早く描いた小説が、佐々木譲著「新宿のありふれた夜」(KADOKAWA 560円)だ。

 学生運動に破れて以来、隠れるように新宿の街で生きてきた全共闘世代の郷田が、ヤクザと警察に追われる不法滞在のベトナム難民少女を、包囲網が張り巡らされた新宿から逃すために奔走する。

「雑多ゆえに自由さがあった歌舞伎町、湿っぽさが漂う大久保周辺の描写はまさに80年代です。出会いのシーンの風林会館近くのスーパー・エニイは02年に閉店しましたが、大久保周辺には小説の文章のまま、今も昭和30年代を思わせる一角が残っていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る