「ローカルバスの終点へ」宮脇俊三著

公開日: 更新日:

 鉄道紀行の先達が、鉄道も通わぬへき地のローカルバスに乗り、終点を目指すバス旅紀行。

 1回目の旅は北海道・積丹半島西岸の小漁村「川白」に向かう。バスは半島の基部にある港町・岩内から出る。昭和60年に廃線になってしまった国鉄岩内線の跡を見るのも旅の目的のひとつ。地図を見ると川白までの地勢は険しく、断崖が連なり、道は山肌を巻いている。スリルと絶景を期待して上野から新幹線、特急を乗り継ぎ、青函連絡船を経由して長万部で1泊。翌朝、函館本線で岩内線の起点だった小沢に行き、バスに乗り換え岩内に到着。そしていよいよ目的の川白行きに乗り込むと、がら空きだと思っていたバスは意外にも混んでいた……。

 北海道から沖縄まで23路線。バスで日本各地の最深部を目指す。

(河出書房新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る

人気キーワード