「ローカルバスの終点へ」宮脇俊三著

公開日: 更新日:

 鉄道紀行の先達が、鉄道も通わぬへき地のローカルバスに乗り、終点を目指すバス旅紀行。

 1回目の旅は北海道・積丹半島西岸の小漁村「川白」に向かう。バスは半島の基部にある港町・岩内から出る。昭和60年に廃線になってしまった国鉄岩内線の跡を見るのも旅の目的のひとつ。地図を見ると川白までの地勢は険しく、断崖が連なり、道は山肌を巻いている。スリルと絶景を期待して上野から新幹線、特急を乗り継ぎ、青函連絡船を経由して長万部で1泊。翌朝、函館本線で岩内線の起点だった小沢に行き、バスに乗り換え岩内に到着。そしていよいよ目的の川白行きに乗り込むと、がら空きだと思っていたバスは意外にも混んでいた……。

 北海道から沖縄まで23路線。バスで日本各地の最深部を目指す。

(河出書房新社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る