「東京ワイン会ピープル」樹林伸著

公開日: 更新日:

 10年ほど前のこと、漫画の中であるボルドーのワインが紹介されたことによりワインの価格が高騰し、そのワインの醸造所が出荷を停止するという事件が起こった。その漫画こそ「神の雫」で、ワイン表現を独特のイメージで表現して人気を獲得し、先の事件を引き起こすほどの影響を巻き起こし、日本人のワインに対するイメージも変えた作品だ。著者はその原作者。本書でも、その華麗なワインの表現は存分に発揮されている。

【あらすじ】桜木紫野は不動産会社入社4年目、26歳彼氏ナシ。同期の千秋に誘われて生まれて初めてワイン会なるものに参加する。ところが、シャンパーニュをシャンパンと言ったことで参加者の一人にバカにされる。

 意気消沈する紫野の前に現れたのが織田一志というベンチャービジネスの若き旗手。紫野がこれまでワインに抱いていたイメージといえば渋くて酸っぱいというだけだったが、織田のすすめるDRCエシェゾーを一口含んだ瞬間、紫野のワインに対する印象が大きく変わる。

 ハーブの香る花畑の向こうから白い帽子の少女が歩いてきて、手にした籠の中から少女がイチゴを差し出す……。思わずそんなイメージを口に出したところ、織田は紫野の鋭敏な感性とイメージの豊穣さに驚く。以後、織田はワイン会に紫野を連れて行くようになるが、ある日、織田が粉飾決算の疑惑で逮捕されてしまう。そこで紫野は、織田が参加できないワイン会で飲んだワインの味を彼に伝えるべくワイン修業に励む――。

【読みどころ】登場するワインは、シャトー・マルゴー、ドン・ペリニヨン・ロゼ、シャトー・ディケムといった逸品ぞろい。実際に飲むのはかなわないが、活字の上でなら十分に堪能できる。 <石>

(文藝春秋 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る

人気キーワード