「東京ワイン会ピープル」樹林伸著

公開日: 更新日:

 10年ほど前のこと、漫画の中であるボルドーのワインが紹介されたことによりワインの価格が高騰し、そのワインの醸造所が出荷を停止するという事件が起こった。その漫画こそ「神の雫」で、ワイン表現を独特のイメージで表現して人気を獲得し、先の事件を引き起こすほどの影響を巻き起こし、日本人のワインに対するイメージも変えた作品だ。著者はその原作者。本書でも、その華麗なワインの表現は存分に発揮されている。

【あらすじ】桜木紫野は不動産会社入社4年目、26歳彼氏ナシ。同期の千秋に誘われて生まれて初めてワイン会なるものに参加する。ところが、シャンパーニュをシャンパンと言ったことで参加者の一人にバカにされる。

 意気消沈する紫野の前に現れたのが織田一志というベンチャービジネスの若き旗手。紫野がこれまでワインに抱いていたイメージといえば渋くて酸っぱいというだけだったが、織田のすすめるDRCエシェゾーを一口含んだ瞬間、紫野のワインに対する印象が大きく変わる。

 ハーブの香る花畑の向こうから白い帽子の少女が歩いてきて、手にした籠の中から少女がイチゴを差し出す……。思わずそんなイメージを口に出したところ、織田は紫野の鋭敏な感性とイメージの豊穣さに驚く。以後、織田はワイン会に紫野を連れて行くようになるが、ある日、織田が粉飾決算の疑惑で逮捕されてしまう。そこで紫野は、織田が参加できないワイン会で飲んだワインの味を彼に伝えるべくワイン修業に励む――。

【読みどころ】登場するワインは、シャトー・マルゴー、ドン・ペリニヨン・ロゼ、シャトー・ディケムといった逸品ぞろい。実際に飲むのはかなわないが、活字の上でなら十分に堪能できる。 <石>

(文藝春秋 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る