「アモンティリャードの酒樽」(「E・A・ポー」所収) エドガー・アラン・ポー著 鴻巣友季子訳 桜庭一樹編

公開日: 更新日:

 シェリー酒というと食前酒というイメージが強いが、辛口から超甘口まで幅広く、いろいろな飲み方のできる酒だ。シェリーはスペインのアンダルシア地方のヘレス周辺で造られる酒精強化ワインのことで、シャンパンと同じく、シェリーを名乗れる製造法や産地など条件が決められている。アモンティリャードはシェリーの一種で複雑かつ魅力的な味わいのユニークなワイン。実際に飲んだことはなくとも、ポーのこの短編で名前を知っている人も多いだろう。

【あらすじ】語り手のモントレソールは何代にも遡る名家の生まれ。彼はフォルチュナートというワインの通ぶりを鼻にかけるイタリア人に、これまで1000回以上も傷つけられており、雪辱を果たすべく復讐の機会をうかがっていた。それも罪に問われないやり方で、しかも相手にこちらの意図を思い知らせてやれるように。

 ついにそのチャンスが巡ってきた。カーニバルの夜、フォルチュナートに遭遇し、アモンティリャードだという触れ込みの大樽を手に入れたのだが、怪しいので鑑定してくれないかと持ちかけた。自尊心をくすぐられたフォルチュナートはモントレソール邸の地下墓地までついてきた。中に誘い込むと、壁の錠前にフォルチュナートの四肢をくくりつけ、出入り口を石とモルタルで塞ぎ始めた――。

【読みどころ】途中で、フォルチュナートがある男をワインについて知らないと罵る場面が出てくる。これまでは「シェリーもアモンティリャードもわからない程度の人間」と訳されることが多かったが、アモンティリャードはシェリーの一種。本書は「アモンティリャードと並のシェリーの区別もつかない」と正確に訳されている。さすがワイン通の訳者。 <石>

(集英社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード