「酒道楽」村井弦斎著

公開日: 更新日:

「昼までは禁酒を誓う二日酔い」なんて川柳があるように、ひどい二日酔いに苦しんだときには、もう酒はやめようと誓いはするものの、ちょっと時間が経つと、まあいいかとばかりにまたぞろ酒を飲み始める、というのは酒飲みの「あるある」だ。ことほどさように禁酒は難しい。

 本書は、その困難に挑戦した世にも珍しい禁酒小説だ。作者の村井弦斎は明治期の作家で、本書は弦斎が構想した「百道楽」シリーズ(実際に書かれたのは5作で、そのうちの「食道楽」は空前のベストセラーとなった)の一作。

【あらすじ】登場人物は百川降と酒山登という2人の教師。どちらも酒豪で、酒で失態を繰り返し、そのたびに禁酒を誓ってはすぐに破るという典型的な飲んべえ。百川の妻・お種はそんな2人を相手に、酒に酔って精神を狂わせるのは野蛮人の所業で恥ずべきこととかとうとうと説教するのだが、2人には馬の耳に念仏。独身の酒山はお種のいとこの鈴子に一目惚れするが、あいにく鈴子が引かれているのは山住清という発明家で、こちらは完全な右党で酒を一切口にしない堅物だ。

 物語は、酒にだらしなく無節操な男2人と、聡明で冷静な2人の女性とのちぐはぐな絡み合いで進んでいく。やがて百川と酒山は新たな事業を起こして一儲けをたくらむのだが、ものの見事に失敗してしまう……。

【読みどころ】禁酒小説というだけに、物語の途中でアルコールが身体的・精神的にいかなる害を及ぼすのか、当時の最先端の医学記事が紹介されたりする。この記事をもってお種は百川たちに「危険危険大危険です、この通りな証拠があっても貴君方はまだ酒が廃められませんか」と迫る。この言葉に胸を刺される思いのご仁も多いのではないだろうか。 <石>

(岩波書店 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る

人気キーワード