「なぜか笑顔になれる認知症介護」奥野修司著

公開日: 更新日:

 家族に大きな負担を強いる認知症の介護だが、著者は「私たちは認知症のことをよく知らずに介護して、余計な苦労を背負っているのかもしれない」と指摘する。その理由のひとつは、介護すると家族と当事者の思いが食い違っていることにある。同じアルツハイマー型認知症でも患者によって症状が異なり、マニュアルにのっとった介護は役に立たないのだ。そして、もうひとつは行政のサポートシステムが周知されていないため、介護負担や経済的負担が重くなっているケースだという。

「徘徊(はいかい)」や「物盗(と)られ妄想」などの問題行動がなぜ起こるのか、申請時期によって金額に雲泥の差が出る障害年金など。

 当事者たちの声に耳を澄ませながら、認知症への備え方、介護の仕方を紹介する健康テキスト。

 (講談社 1000円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード