「看る力」阿川佐和子、大塚宣夫著

公開日: 更新日:

 94歳で亡くなった作家の父・弘之氏をみとり、認知症の母親を介護中の阿川氏と、高齢者医療の専門家である大塚氏の対談集。

 弘之氏は晩年の3年半を大塚氏が運営する老人病院で過ごした。阿川氏は、病室に料理を持ち込む自由を認めていることに驚いたという。父親の要求は果てしなく、病院食を温める電子レンジを持ち込み、病室で毎晩、晩酌までしていたという。

 開業当初、医療を施すほどに元気がなくなっていく患者を前に大塚氏は、「お年寄りに必要なのは、医療よりも介護」だと気づいたという。そして介護よりも生活が第一と、入院中の衣食住を整えることを第一に考え、入院前と同じ生活を持ち込むことを認めていると話す。

 親や家族の正しい介護法や理想の老後など、知りたい情報が満載。

 (文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る

人気キーワード