「深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと」スズキナオ著

公開日: 更新日:

 金がなく暇だけはある日々をどう楽しもうかと考えた大阪在住のフリーライターが、前から気になっていたけれど素通りしていたアレを確かめてみようというノリで体験した出来事を、つれづれなるままに書いたエッセー集。

 表題の深夜高速バスについての段では、平日の夜に大阪を出発して翌朝東京に到着する高速バスの片道の最低価格が2000円であること、消灯時間になると私語もスマホも禁止されるので、ただ座って人生の思い出や宇宙の始まりについてまでひたすら考える時間が訪れること。また、隣の人との間のカーテンをいつ引くかという攻防戦、旅慣れた人から旅慣れてない人までの隣客あれこれ、安眠を大切にするバス会社からそうでもないバス会社など、100回ぐらい乗った体験があるからこその発見が紹介されていく。

 ほかにも、銭湯の鏡に広告を出した話、唐揚げを何個食べたかレベルまで飲み代を割り勘にする飲み会、スーパーの半額セール肉を買い集めた焼き肉パーティーなど、意表をついた重箱の隅をつつくエッセー多数。本書を読めば、日常のあちこちに隠された面白みを再発見できそうだ。

(スタンド・ブックス 1720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る