「番号は謎」佐藤健太郎著

公開日: 更新日:

 現代社会は番号であふれている。住民票コードからマイナンバー、健康保険証や基礎年金、銀行口座やカード、さらに各種の暗証や会員番号まで。現代人は番号に取り囲まれて生きている。そんな身近な番号の起源や知られざる秘密を解き明かしていく面白読み物。

 例えば運転免許証の12桁の番号。最初の2桁は発行した都道府県、次の2桁は免許取得の年、最後の桁は再発行された回数を示しているという。また大リーグで背番号が導入された当初は、「囚人のようだ」と選手の反発が強かったが、受け入れられると、選手とファン双方にとって憧れと思い入れの対象になる。電話番号や郵便番号、テレビのチャンネルなど、さまざまな番号に秘められたエピソードを網羅。

(新潮社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード