「ふしぎ地名巡り」今尾恵介著

公開日: 更新日:

「上田」という地名は各地にあるが、東京都日野市のそれは「かみだ」、福井県小浜市では「かみた」、東京都大田区南六郷にあるバス停(旧地名)は「じょうでん」と、字面は簡単なのに誤読しやすい地名は意外に多い。同じくあの2人のように地名の羽生も読み方が2通りあるが、ハニュウもハブも粘土質の土地に付く地名で、元は埴輪(はにわ)の「埴」の字を羽に置き換えたもの。東京都北区の赤羽も同類で、関東ローム層の赤土が目立つことから名付けられた。

 こうした全国の地名の由来や意味を一つ一つ読み解いていくエッセー。

 身近な地名から、「南あわじ市市市」「ポンポン山」などの珍名、そして町をチョウ・マチのいずれで読むかの法則性など。一筋縄ではいかぬ地名を巡る面白エピソード満載。

(筑摩書房 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る

人気キーワード