「ふしぎ地名巡り」今尾恵介著

公開日: 更新日:

「上田」という地名は各地にあるが、東京都日野市のそれは「かみだ」、福井県小浜市では「かみた」、東京都大田区南六郷にあるバス停(旧地名)は「じょうでん」と、字面は簡単なのに誤読しやすい地名は意外に多い。同じくあの2人のように地名の羽生も読み方が2通りあるが、ハニュウもハブも粘土質の土地に付く地名で、元は埴輪(はにわ)の「埴」の字を羽に置き換えたもの。東京都北区の赤羽も同類で、関東ローム層の赤土が目立つことから名付けられた。

 こうした全国の地名の由来や意味を一つ一つ読み解いていくエッセー。

 身近な地名から、「南あわじ市市市」「ポンポン山」などの珍名、そして町をチョウ・マチのいずれで読むかの法則性など。一筋縄ではいかぬ地名を巡る面白エピソード満載。

(筑摩書房 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る