「幽霊終着駅(ターミナル)」赤川次郎著

公開日: 更新日:

 非番の日、警視庁捜査1課の警部・宇野は、恋人の女子大生・夕子と早朝からドライブへ出かけるが、連絡が入り郊外の駅に立ち寄る。昨夜、到着した終電の網棚に生首が置かれていたというのだ。見つけたのは、駅員の大橋と捨てられた雑誌目当てのホームレス・アワさんだった。

 しかし、生首は精巧な作り物で、ドラマの小道具だと分かる。好奇心旺盛な夕子の提案で、受け取りにきたスタッフを撮影現場に送り届けた宇野らは、そのまま撮影を見学。スターの村岡が主演するドラマで、彼の元妻・綾子と現在の恋人・セツ子が共演しており、現場には緊張感が漂っていた。そんな中、例の生首が消えてしまう。

 宇野と夕子のコンビが事件を解決する人気長寿シリーズ第28弾。

(文藝春秋 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る

人気キーワード