「ソトゴト 公安刑事」森詠著

公開日: 更新日:

 年末、新潟県警糸魚川署の管内で不審死事案が発生。第一発見者の交番警官・猪狩が現場の警備をしていると、見知らぬ顔の刑事らがやってくる。彼らは警察庁警備局の公安刑事だった。猪狩は疑問を抱きながらも、真崎と名乗った刑事に問われるまま発見時の様子を説明する。

 大学卒業後、商社に就職した猪狩だが、退職して警察官になったのは15年前の出来事が忘れられなかったからだ。当時10歳だった猪狩の目の前で幼馴染みの亜美が北朝鮮の工作員と思われる3人組に拉致されてしまったのだ。刑事を目指して仕事に励む猪狩に、そのチャンスがいよいよ巡ってきた。しかし、昇進を目前にして突然、警察庁への出向を命じられる。

 警察小説のニューヒーロー誕生を予感させる新シリーズの開幕。

(祥伝社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る