「ソトゴト 公安刑事」森詠著

公開日: 更新日:

 年末、新潟県警糸魚川署の管内で不審死事案が発生。第一発見者の交番警官・猪狩が現場の警備をしていると、見知らぬ顔の刑事らがやってくる。彼らは警察庁警備局の公安刑事だった。猪狩は疑問を抱きながらも、真崎と名乗った刑事に問われるまま発見時の様子を説明する。

 大学卒業後、商社に就職した猪狩だが、退職して警察官になったのは15年前の出来事が忘れられなかったからだ。当時10歳だった猪狩の目の前で幼馴染みの亜美が北朝鮮の工作員と思われる3人組に拉致されてしまったのだ。刑事を目指して仕事に励む猪狩に、そのチャンスがいよいよ巡ってきた。しかし、昇進を目前にして突然、警察庁への出向を命じられる。

 警察小説のニューヒーロー誕生を予感させる新シリーズの開幕。

(祥伝社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る

人気キーワード