「『腐れ資本主義』の世を生き抜け」(青木雄二×佐高信光文社、1999年)

公開日: 更新日:

 同世代の辛口評論家との対談でさらに過激に。(終面に関連)

「自由民主党が、銀行を救え、ゼネコンも救えとかで、徳政令みたいなことをやる。銀行とかゼネコンの負債を徳政令でチャラにするんなら、労働者のローンもチャラにしなかったら、筋が通らんですわ」 (53ページ)

「ボクは、人間いうのは悪賢いことを考え出す天才やと思ってます」

 (115ページ)

「資本主義は競争社会なんで、どうしても優越感か劣等感を持たされるようになっている」

 (158ページ)

「この国の国民は本当にバカですから、自由民主党いうたら、『自由』で『民主主義』の政党やと、ごまかされるわけですわ。本質は『資本主義擁護党』なんですよ。それも『腐れ資本主義』を擁護している」

 (176ページ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

  9. 9

    小池都知事が都ファ“子分”の千代田区長選に出しゃばる理由

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る

人気キーワード