「免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ」藤田紘一郎著

公開日: 更新日:

 免疫専門医として50年のキャリアを持つ著者。自身もさぞや健康的な生活を送ってきたのかと思いきや、50代半ばまでは不摂生ばかりで、痛風や糖尿病も患ったというから驚きだ。しかし、一念発起して体にいいとされる食事法を実践。おかげで80歳を迎えた今でも現役で活躍している。

 そんな著者が今でも続けているのが、毎日の食事に「スープ」を取り入れること。とくに、免疫細胞の70%が存在する腸を強くするスープを飲んでいるという。食材の栄養素や成分には、茹でたり煮たりすると溶けだしてしまう水溶性のものが多いが、スープならそれらを無駄なくいただくことができる。そして、じっくり煮込むことで消化のよい状態になり、胃や腸に余計な負担をかけずに済む。さらに温かいスープは体を内側から温めて血行を促進し、内臓の働きをアップさせてくれる。何より、具材を入れたら煮込むだけなので、他の料理よりも簡単だ。

 本書では、腸内環境を整えて免疫力強化に効果的な73のスープレシピを紹介している。

 例えば、オリーブオイルとにんにくで具材を炒め、だし汁で煮たキャベツとしらすのしょうがスープ。腸内細菌を増やす食物繊維豊富なキャベツと、糖尿病予防に役立つDHEAというホルモンの分泌を促すしらす、そして冷えを解消するしょうがで、長寿効果が期待できる。納豆とモロヘイヤとトマトのスープ、さつまいもともずくの梅酒粕スープ、サンマのヨーグルトスープなど変わり種もあって楽しい。

 忙しい人には、塩昆布とトマト、マグロとすりごまなどをカップに入れ、お湯や緑茶を注ぐだけでできるひとり分の超お手軽スープも紹介。今年の冬は、スープで乗り切ろう。

(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る

人気キーワード