「真夜中のカーボーイ」山田五郎著

公開日: 更新日:

 出版社勤めの定年を間近に控えたある日、高校時代の恋人から39年ぶりに電話がかかってきた。東京に来ているので、会って話をしたいというのだ。

 俺は気が付いた。ちょうど39年前の今日、俺は最低な失敗をやらかして、彼女に二度と会えなくなったのだ――。

 しかし、会ってみるとアパレル会社経営の富豪となった、かつての恋人“デコ”はあっけらかんとしており、17歳のとき未遂に終わった大阪から白浜へのバイク旅行をやらないか、と誘ってきたのだ。肝臓がんで余命わずかな今、きっちり落とし前をつけときたい、という。

 かくして俺たちは赤いメルセデスに乗り込み、2泊3日の白浜旅行へ出発。デートで行ったホドラー展、初めて夜を共にしたときに流れていたデヴィッド・ボウイの曲。記憶が次々と蘇り、止まった時計の針が動き出したようだった。しかし白浜観光を終えた夜、デコは姿を消す。

 テレビや雑誌などで幅広く活躍する著者の初小説。2人の青春時代と重なる80年代の音楽や映画が随所に登場し、テンポよい大阪弁と共に話は展開していく。生涯で最も活力にあふれていた時期を一緒に過ごした男女の、消えゆく命に対する心情が真に迫ってくる。

(幻冬舎 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  10. 10

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

もっと見る

人気キーワード