「雷鳴に気をつけろ」ジム・トンプスン著 真崎義博訳

公開日: 更新日:

 20世紀初めのころ、ネブラスカ州の小さな村に、その地に実家のあるイーディ・ディロンが7歳の息子ロバートを連れて列車で帰ってきた。夫が行方不明になり、地元に戻るしかなかったのだ。しかし、実の母親パールと末弟のグラントはあらゆる手を尽くして居心地を悪くさせ、イーディは亡き妹の夫・ファイロの紹介で、冬の間、息子を実家に残して田舎の学校へ働きに出ることになる。

 一方、無職のグラントは美人のいとこベラをモノにしようと企み、人生に疲れ果てているパールは、牧師のある計画に傾倒していた。そして土地の権利書を牧師に渡そうとした時、覆面の男が現れ、牧師を引きずっていった――。

 暴力と狂気が渦巻くダークなノワール小説で知られる著者の本邦初訳。

 誰もが血がつながっているかと思われるほど小さな村で、イーディの父親リンカーンの回想、長兄シャーマンの農場経営、グラントとベラの近親相姦関係などの物語が交錯しながら、同時進行的に語られていく。叙事詩的に一族の姿を浮かび上がらせるも、その世界観は地獄。運命を受け入れ滅んでいく「異常」にページを繰る手が止まらなくなる。

(文遊社 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る

人気キーワード