「ヒーラ細胞の数奇な運命」レベッカ・スクルート著 中里京子訳

公開日: 更新日:

「ヒーラ細胞」とは、研究室で培養された世界初の「不死のヒト細胞」のコードネーム。始まりはアメリカで1951年、子宮頚がんの黒人女性から、死の数カ月前に採取された細胞だった。それが現在まで培養され続け世界中の研究所に「出荷」され、医学の発展に多大な貢献を果たしてきた。今までに培養されたヒーラ細胞の総量は5000万トンを超えるという。

 一方で、彼女の子どもたちが母親の細胞が生き続けていることを知ったのは、その死から25年も過ぎてからだった。

 本書は、ヒーラ細胞の提供者であるその女性ヘンリエッタ・ラックスの評伝。これまで誰も目を向けてこなかった彼女の人生に光を当て、ヒーラ細胞を生み出した科学と長年葛藤を続けてきた彼女の一家の苦闘を描く。

(河出書房新社 1562円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  9. 9

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る

人気キーワード