「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン著 久山葉子訳

公開日: 更新日:

 現代人はスマホに1日4時間、若者の2割は7時間も費やしている。この急激な行動様式の変化は人間にどのような影響をもたらしたのかを、スウェーデンの精神科医が明らかにする警世の書。

 進化の見地から見れば、自動車や電気、スマホなどが現れたのは一瞬前のことであり、人間はそのほとんどの時間を狩猟採集民として生きてきた。その過酷な環境に適応するために進化した脳は、変化の激しい現代社会には適応できていないという。結果、スウェーデンでは大人の9人に1人が抗うつ薬の処方を受けている。画面をタップするだけで世界中の娯楽に接続できるのになぜ人々の気分が落ち込むのか。

 スマホがドラッグのように人間の脳を虜にして、そしてむしばんでいく現実を最新の科学をもとに解説。

(新潮社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る

人気キーワード