「生と死を分ける数学」キット・イェーツ著 冨永星訳

公開日: 更新日:

「数学」と聞いただけでアレルギー反応を起こす人も多いが、実は我々の日常生活において数学は意外に深く関わっている。遺伝子の欠陥によって体が不自由になった患者、誤ったアルゴリズムのせいで破産した企業経営者、数学が誤解されたばかりに財産を失った投資家、さらには大統領選の予測や「黒人の命は軽くない(ブラック・ライブズ・マター)」の数学的うそなど、本書には数学の影響を大きく被った人や事例が紹介されている。ちなみに図表はあるが数式は一切ないのでご安心を。

 著者の専門は数理生物学。数理生物学とは、数学的手法を用いて生物学・生命科学の問題を解決する学問のこと。例えば、感染症が流行してから終息するまでの経過を数理モデルを用いて予測するのもこの学問だ。

 本書第7章「感受性保持者、感染者、隔離者」は新型コロナウイルスこそ出てこないが(原著の刊行は2019年9月)、天然痘、HPV(ヒトパピローマウイルス)などを例に、その感染拡大の数理的モデルや集団免疫を獲得するための数学的条件が示されている。

 また第2章の乳がんにおけるスクリーニングの偽陽性、偽陰性をめぐる論議は、現行のPCR検査の問題にも共通しており、今後の新型コロナウイルス対策を考える際に有用である。

 恐ろしいのは、一見、科学的信ぴょう性をまといながら間違った方向へと世論を誘導してしまうことだ。それが裁判の場で行われたケースが紹介されている。イギリスのサリー・クラークは2人の乳児を突然死で相次いで失った。検察は1つの家庭で2人の子供が突然死する確率は極めて低いという理由でサリーを殺人容疑で起訴し、陪審員もそれを信じて有罪判決を下した。しかし、実はこの確率計算は全くの誤りだった。後に原判決は破棄されて釈放されたが、サリーは獄中生活と冤罪をかけられたことによる精神的苦悩でアルコール中毒になって死んでしまう。

 ネット上には各種の数字のまやかしやウソが氾濫している。そうしたフェイクにミスリードされないためにも本書は必読。 <狸>

(草思社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る

人気キーワード