赤神諒(作家・弁護士)

公開日: 更新日:

7月×日 今日も時間が足りなかった。法律と小説の二刀流を始めて4年、時間との戦いに明け暮れ、青息吐息。寝床で本を手に取る。髙橋洋一著「髙橋洋一式デジタル仕事術」(かや書房 1540円)。睡眠を削らず時間を増やす魔法――デジタル化で、事態を打開できないか。

 日経朝刊に連載した最新作「太陽の門」は映画「カサブランカ」の前日譚で、スペイン内戦を題材としたが、疫病禍で現地取材はできず、Googleマップを活用。翻訳機能でスペイン語の文献も参照した。ITさまさまだったのだが、実はここだけの話、私は未だにスマホを持っていない。

 元財務官僚で歴代総理のご意見番、驚異の仕事量を誇る髙橋洋一氏は、スマホだけでほぼすべての仕事をこなし、余裕綽々で趣味の映画やゲームを楽しむ。PCを自作・修理しプログラミングまでするITの玄人から、技を盗むのだ。

 世に天才はいるが、氏もその一人だ。氏の真骨頂は、完全オリジナルなグラフ作成にある。「比較」の視点、客観的なデータの選別と分析、そしてロジカルな予測と検証の手法は、氏ならではの発想力と豊かな知識・経験によるところが大きいが、職種によっては直接使えそうだ。数学と経済が専門の氏と違い、ド文系の私は法律論文も小説も文字だらけ。でも、対極にいるからこそ、本質を学べる面もあるはず。

 一例を挙げると、氏の仕事術の「シンプル」さだ。小難しいアプリ群や高性能なハードは無用。セキュリティーを高める意味でも、絶対に使う必要最低限のアプリしか入れず、エクセルその他標準装備を徹底的に使いこなす。データ分析の要諦も、全体像を理解し「過去・現在・未来」のように物事を過不足なく分けよ、とシンプルだ。全体を俯瞰しながら細部を詰めてゆく作業は、法律も小説も共通である。

 テレワーク普及、デジタル庁発足、日本も加速度的にIT社会へ。仕事のさらなるデジタル化は攻めでなく、もはや取り残されないための守りのスキルと変わった。だからこそシンプルな仕事術を目指すべきだ……。

 ――え、もう朝? いかん、少し眠っておこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

人気キーワード