越谷オサム(作家)

公開日: 更新日:

7月×日 あまりの暑さにどうかしていたのだろう、そろそろ昼をという時間になって突如風呂場のタイル磨きを始める。狭くて風通しの悪い真夏の浴室の中、大汗をかきながらスポンジで床の黒ずみを一心不乱に擦り、一面に浮いたなにやらばっちい茶褐色の泡をすすぎ、しかるのちに脳天から浴びるシャワーの爽快さよ。

 チルドの冷やし中華を啜ってアイスコーヒーを飲んでさあ原稿、というところで虚脱感に襲われる。タイル磨きを頑張りすぎた反動か。エアコンの効いた部屋で寝転がって体調の回復を待ちつつ、kindleを開く。

 こういう弱ったときの心のスタミナ食にうってつけの漫画がある。重野なおき作「信長の忍び」(白泉社 660円)だ。タイトルからわかるように歴史漫画ではあるのだが、石ノ森章太郎や横山光輝のそれとはだいぶ趣が異なる。いってみれば「血まみれ大河4コマギャグ漫画」だ。

 おもな登場人物は織田信長はじめ豊臣秀吉や明智光秀ら実在した英雄たちだが、主人公は架空の女忍び・千鳥。およそ4頭身にデフォルメされたかわいらしい少女だ。

 と書くと日常系ほのぼのまったり萌え漫画のようだが、本作はそんなマイルドなものではない。

 千鳥はときに迷いを吐露しつつも、「乱世を終わらせる」という信長の野望を実現させるため次から次へと敵を斬る。血しぶきがほとばしる。人が死ぬ。千鳥自身も無数の傷を負う。そして、笑える。

 そう、笑えるのだ。千鳥も容赦がないが、この漫画の作者もまた容赦がない。どれほど重い展開でも、凄惨な場面でも、必ずオチをつけて笑わせにくる。笑えるから物語が過剰に深刻にならず、読者はページから顔を上げることも忘れて続きを読まされてしまう。

 ゆえに虚脱感が抜けてからもページから顔を上げることなく読み続け、気づけば夕食どきになっていた。半調理品の鶏の塩だれ炒めを作り、ビールを飲んでこの日は終了。原稿は一文字も進まなかったが体調は回復した。こんな日もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

人気キーワード