「地球の限界」オーウェン・ガフニーほか著 戸田早紀訳

公開日: 更新日:

 地球には驚くべき“回復力”があり、長い間安定した環境を保ち続けてきた。しかし今、地球の生命維持システム、すなわち海や森、生物多様性、炭素、窒素などの巨大な循環が、かつてないほど不安定になっている。このまま進めば、安定した地球環境は永遠に失われかねない。これを防ぐには、「プラネタリー・バウンダリー(地球の限界)」を知り、超えてしまわないよう死守するしかない。

 しかし、状況は悪化の一途をたどっていると本書は警告。例えば、地球の平均気温は1.1度上昇しており、その影響が見え始めている。過去20年に起きた記録的な高温やサンゴ礁の死滅、アマゾンの炭素吸収量の減少などから分析すると、気候のプラネタリー・バウンダリーは1.5度の気温上昇。そして、これを厳守するためには大気中の二酸化炭素濃度を約350ppmに維持することが不可欠だ。

 ところが、現在の二酸化炭素濃度は415ppm。このままいけば地球は限界を超え、「ティッピング・ポイント(転換点)」に到達してしまう。これは、安定した状態が崩れて別の状態に移行する分岐点を意味し、以降はあらゆる努力が水の泡となり、かつての状態には戻らなくなる。

 1.5度の気温上昇が現実のものとなると、経済的損失も急速に増大する。作物の収穫量維持、感染症の蔓延(まんえん)予防、干ばつへの対処などが容易ではなくなるためだ。2015年のパリ協定では、各国で1.5度を目指すようアクションを起こすことが約束されたが、実はその行動計画ではせいぜい3度の気温上昇に抑えるのが関の山で、まったく足りていないのが現実だという。

 次代のために何をなすべきか、改めて考えさせられる。

(河出書房新社 3135円)

【連載】ポストコロナの道標 SDGs本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

  2. 7
    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

  3. 8
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!

    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!