「絡まり合う生命」奥野克巳著

公開日: 更新日:

 ボルネオ島の熱帯雨林に生きる狩猟民プナン。文化人類学者である著者は、2006年からたびたびプナンのもとを訪れ、寝食を共にして人間の根源的な生き方について学んできた。本書は、それらの体験からたどり着いた新たな人類学の考察だ。

 あるとき、プナンと共に狩猟に出かけて疲労困憊となった著者は、獲物が解体される間、地べたでごろ寝をした。ふと気づくと、体の上を2センチほどのアリが何匹も這い回っていたため、透明のレインコートを頭からかぶって再び眠りについた。どれくらいの時間が経過したのか、ふと目を覚ますと“シャカシャカ”という大音響が響き渡っている。おびただしい数のアリたちがレインコートの上を行進し、目の前にアリの顔が大写しされていた。著者は、まるで自分がアリの世界と一体化したような錯覚を覚えたという。他にも、強烈な繁殖力からプナンでは“長い髪の女”が宿るとされるシメコロシイチジクの不思議な生態、人間が近づいていることをさえずりによってサルに知らせるヒヨドリなど、さまざまな生命と対峙するうちに著者が行きついたのが、「マルチスピーシーズ(多種)人類学」である。

 これは2000年代に登場した新しい研究ジャンルで、人間という一種から多種へと視点移動し、人間を含むあらゆる生物種は他の種や環境から孤立して存在するのではないという考え方。「人間-動物」というように一対一の関係でもなく、“絡まり合い”というキーワードで人間を含む多種同士が働きかけ合い、結果として関係性の継続や断続に至るというものだ。

 人間と他の生物は同等であることを教える本書。人間中心主義を続ければ絶滅も避けられないと警告している。

(亜紀書房 2200円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

  2. 7
    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

  3. 8
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!

    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!