「リーマントラベラー 週末だけで世界一周」東松寛文著

公開日: 更新日:

「リーマントラベラー 週末だけで世界一周」東松寛文著

 著者は、働きながら週末や連休を利用して世界中を旅する自称「リーマントラベラー」。入社して3年の2012年にひょんなことから海外旅行の虜となり、以来12年間で85カ国204都市を旅してきた。旅をすることで自分らしい生き方を見つけたという著者の旅エッセー。

 始まりは憧れだったNBAのチケットをネットで購入したことだった。英語が大の苦手だったが、友人に同行を断られ、ホテルの予約もせずに単身でロスに渡航。片言の英語で現地の人に話しかけたが、旅はスムーズに進み、思わぬ体験までできたことで海外旅行にハマったという。

 以降、旅の目的が定まったキューバの旅や、3カ月で世界一周のはじまりの国イランなど。それぞれの国で感じたことや出会いをつづる。

(河出書房新社 946円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方