• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誰がカツオを叱る? 悩ましい「波平」永井一郎さん後任問題

 日曜の夕食どきに「ぶあっかも~ん」とカツオを叱るのは難しい。もったりとした重さがあり、最後が少しかすれる。それでいて、すっと耳に入ってくる滑舌の良さ。

 だれもが知っている声だけに、後任は苦労する。視聴者に違和感を与えるのは間違いないだろう。

 声優の永井一郎さんが亡くなった。1969年の放送開始からサザエさんで波平を担当。生前に収録されたのは2月9日放送分までという。

 残された時間はあまりない。いったい、だれが代わりにカツオを叱るのか。

 手っ取り早いのはモノマネで知られるタレントだ。山田康雄さんの死後、「ルパン三世」のルパン役はモノマネの持ちネタがあった栗田貫一がやっている。ただ、波平のマネが上手なタレントはいない。

 テレビ局関係者は、「やはりオーディションということになるでしょうが、視聴者は永井さんの声に慣れている。だからマスオ、カツオ、ワカメが代替わりしても、波平さんはずっと同じ。個性があればあるほど変更は難しいのです。例えばルパンの銭形警部は、実力ナンバーワンの山寺宏一さんになりました。でも、納谷悟朗さんのイメージが残り、違和感を覚える人は多い」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る