誰がカツオを叱る? 悩ましい「波平」永井一郎さん後任問題

公開日: 更新日:

 日曜の夕食どきに「ぶあっかも~ん」とカツオを叱るのは難しい。もったりとした重さがあり、最後が少しかすれる。それでいて、すっと耳に入ってくる滑舌の良さ。

 だれもが知っている声だけに、後任は苦労する。視聴者に違和感を与えるのは間違いないだろう。

 声優の永井一郎さんが亡くなった。1969年の放送開始からサザエさんで波平を担当。生前に収録されたのは2月9日放送分までという。

 残された時間はあまりない。いったい、だれが代わりにカツオを叱るのか。

 手っ取り早いのはモノマネで知られるタレントだ。山田康雄さんの死後、「ルパン三世」のルパン役はモノマネの持ちネタがあった栗田貫一がやっている。ただ、波平のマネが上手なタレントはいない。

 テレビ局関係者は、「やはりオーディションということになるでしょうが、視聴者は永井さんの声に慣れている。だからマスオ、カツオ、ワカメが代替わりしても、波平さんはずっと同じ。個性があればあるほど変更は難しいのです。例えばルパンの銭形警部は、実力ナンバーワンの山寺宏一さんになりました。でも、納谷悟朗さんのイメージが残り、違和感を覚える人は多い」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る