• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誰がカツオを叱る? 悩ましい「波平」永井一郎さん後任問題

 日曜の夕食どきに「ぶあっかも~ん」とカツオを叱るのは難しい。もったりとした重さがあり、最後が少しかすれる。それでいて、すっと耳に入ってくる滑舌の良さ。

 だれもが知っている声だけに、後任は苦労する。視聴者に違和感を与えるのは間違いないだろう。

 声優の永井一郎さんが亡くなった。1969年の放送開始からサザエさんで波平を担当。生前に収録されたのは2月9日放送分までという。

 残された時間はあまりない。いったい、だれが代わりにカツオを叱るのか。

 手っ取り早いのはモノマネで知られるタレントだ。山田康雄さんの死後、「ルパン三世」のルパン役はモノマネの持ちネタがあった栗田貫一がやっている。ただ、波平のマネが上手なタレントはいない。

 テレビ局関係者は、「やはりオーディションということになるでしょうが、視聴者は永井さんの声に慣れている。だからマスオ、カツオ、ワカメが代替わりしても、波平さんはずっと同じ。個性があればあるほど変更は難しいのです。例えばルパンの銭形警部は、実力ナンバーワンの山寺宏一さんになりました。でも、納谷悟朗さんのイメージが残り、違和感を覚える人は多い」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る