誰がカツオを叱る? 悩ましい「波平」永井一郎さん後任問題

公開日:  更新日:

 日曜の夕食どきに「ぶあっかも~ん」とカツオを叱るのは難しい。もったりとした重さがあり、最後が少しかすれる。それでいて、すっと耳に入ってくる滑舌の良さ。

 だれもが知っている声だけに、後任は苦労する。視聴者に違和感を与えるのは間違いないだろう。

 声優の永井一郎さんが亡くなった。1969年の放送開始からサザエさんで波平を担当。生前に収録されたのは2月9日放送分までという。

 残された時間はあまりない。いったい、だれが代わりにカツオを叱るのか。

 手っ取り早いのはモノマネで知られるタレントだ。山田康雄さんの死後、「ルパン三世」のルパン役はモノマネの持ちネタがあった栗田貫一がやっている。ただ、波平のマネが上手なタレントはいない。

 テレビ局関係者は、「やはりオーディションということになるでしょうが、視聴者は永井さんの声に慣れている。だからマスオ、カツオ、ワカメが代替わりしても、波平さんはずっと同じ。個性があればあるほど変更は難しいのです。例えばルパンの銭形警部は、実力ナンバーワンの山寺宏一さんになりました。でも、納谷悟朗さんのイメージが残り、違和感を覚える人は多い」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る