日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「隠蔽捜査」語りで存在感…麻実れいの“声質”に驚きと称賛

 古巣の宝塚歌劇100周年イヤーに花を添える活躍ぶり。実は今期ドラマには元タカラジェンヌが多く出演している。

 月組トップとして人気を博した天海祐希(46)は「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜21時~)で子持ちのデカ役を熱演。星組のトップ娘役だった檀れい(42)は「福家警部補の挨拶」(フジテレビ系、火曜21時~)で民放連ドラ初主演。ビールのCMで定着したかわいい人妻のイメージを封印し、変わり者のデカに挑戦中だ。花組トップだった真飛聖(37)も「相棒」(テレビ朝日系、水曜21時~)で2シーズン前からレギュラーの座を獲得、成宮寛貴の恋人役が板についてきた。いずれも演技派だが、それ以上に圧倒的な存在感を放つ大ベテランがいる。

 元雪組トップスターの麻実れい(63)。杉本哲太と古田新太がダブル主演の「隠蔽捜査」(TBS系、月曜20時~)のナレーションを担当。山根基世や奈良岡朋子に勝るとも劣らない重厚感たっぷりの口調で、視聴者の耳をくぎ付けにしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事