日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「吉本」「東スポ映画大賞」…板東英二の次の狙いは「いいとも」

 23日、「第23回東スポ映画大賞」授賞式が開かれ、審査委員長のビートたけし(67)が出席。真木よう子、宮藤官九郎のほか、マンデラ元大統領の追悼式でデタラメな手話をしていた通訳(タムサンカ・ジャンティ)など話題の人物が表彰された。

 タモリやみのもんたが欠席し、ビデオレターが流される中、板東英二(73)は会場に駆けつけた。たけしに「植毛会見」に引っかけて「(副賞は)スーパーミリオンヘア1年分です」「お笑いの人は大変だ」などとイジられると、「一応、プロ……ピッチャーやっちゅうねん!」と“十八番”の野球ネタで応戦。「野球自体では表彰されたことが一度もありません。賞といえば、『日本放送演芸大賞』(83年)最優秀ホープ賞を漫談でいただいた。この賞が(人生で)3つ目(あとのひとつは『あ・うん』で受賞した日本アカデミー賞最優秀助演男優賞)でございます」とボケを交えた挨拶を披露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事