日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャニーズの“タブー”を強みに 国分太一が醸す「生活感」

「みなさんに福を送れるように頑張ります」

 31日にスタートした朝の情報番組「いっぷく!」(TBS系)でメーンMCを務める「TOKIO」の国分太一(39)。17年続いた長寿番組「はなまるマーケット」の後釜ということもあって、初回ゲストの「ナインティナイン」岡村隆史(43)には「すごく緊張してます」とポロリ。岡村は「オープニング見てたけど、朝の顔に違和感なかったよ。何年もやってるみたい」とフォローし、「このギャラリーの多さ、何!?」とスタッフが詰めかけて緊張感漂うスタジオに驚いていた。

 国分は06年、「オーラの泉」(テレビ朝日系)、「R30」(TBS系)での司会進行が評価され、「ギャラクシー賞5月期月間賞」を受賞。09年には「すぽると!土曜版」(フジ系)の「編集長」に就任。フジのソチ・オリンピック2014キャスターにも起用され、スポーツキャスターとしての地位も確立した。08年を最後にドラマ出演はなし。バラエティーは「国分太一のおさんぽジャパン」(フジ系)や「男子ごはん」(テレビ東京系)、CMは「ジャパネットたかた」や「P&G」など、ともに主婦向けの番組・企業の常連。芸能リポーターの川内天子氏はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事