• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

蟹江敬三、ここにあり 迫真演技が堪能できる2本の必見邦画

 俳優の蟹江敬三さんが亡くなった。享年69。あまりに突然で多くの人が驚いたと思うが、テレビなどの報道を見ていて大いに気になったことがある。彼の代表作とも言っていい2本の映画がまるで紹介されていなかったのである。

 それは79年に公開された2作品、「天使のはらわた 赤い教室」と「十九歳の地図」だ。前者は日活ロマンポルノの一本で、石井隆の劇画原作を曽根中生監督が演出。後者は中上健次の小説を柳町光男監督が演出した。2本ともが70年代を代表する邦画の傑作だと言っていい。この2本に出演している蟹江さんはすごい。この事実にマスコミは鈍感過ぎるのではないか。蟹江敬三ここにあり、なのだ。

■ダメ男ぶりが絶品

「赤い教室」はブルーフィルムのなかで偶然見た名美に恋する男・村木の話である。名美は水原ゆう紀。村木は蟹江さん。悲惨な境遇に堕(お)ちていく名美と、彼女に手を差し伸べられない村木との究極の愛の物語は、圧倒的に見る者の胸を締め付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る