蟹江敬三、ここにあり 迫真演技が堪能できる2本の必見邦画

公開日:  更新日:

 俳優の蟹江敬三さんが亡くなった。享年69。あまりに突然で多くの人が驚いたと思うが、テレビなどの報道を見ていて大いに気になったことがある。彼の代表作とも言っていい2本の映画がまるで紹介されていなかったのである。

 それは79年に公開された2作品、「天使のはらわた 赤い教室」と「十九歳の地図」だ。前者は日活ロマンポルノの一本で、石井隆の劇画原作を曽根中生監督が演出。後者は中上健次の小説を柳町光男監督が演出した。2本ともが70年代を代表する邦画の傑作だと言っていい。この2本に出演している蟹江さんはすごい。この事実にマスコミは鈍感過ぎるのではないか。蟹江敬三ここにあり、なのだ。

■ダメ男ぶりが絶品

「赤い教室」はブルーフィルムのなかで偶然見た名美に恋する男・村木の話である。名美は水原ゆう紀。村木は蟹江さん。悲惨な境遇に堕(お)ちていく名美と、彼女に手を差し伸べられない村木との究極の愛の物語は、圧倒的に見る者の胸を締め付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る