渦中の落合弁護士に聞く「アッコにおまかせ!」に怒ったワケ

公開日:  更新日:

ツイッターで「頭も人間性も低レベル」

 PC遠隔操作事件で「真犯人」を名乗る人物からレターパックが届いたことでも知られる弁護士の落合洋司氏。元検事で東海大法科大学院特任教授の肩書も持つ刑事事件のプロだ。

 その落合氏が、ツイッター上でTBS系バラエティー番組「アッコにおまかせ!」を痛烈批判し、大きな話題になっている。

 よほど番組スタッフの態度が腹にすえかねたのか、〈頭も人間性も、いかにも低レベル。馬鹿丸出し〉と過激な口調で罵倒しているのだ。

 問題のツイートは、先月31日に集中。具体的にはこんな内容だ。
〈テレビには皆が協力すべきもの、という、傲慢、独善的な、ねじれた考えが染み付いているのだろう〉〈アッコにおまかせのスタッフは、実に横着で、わからないことを、自分で調べず、他人に丸投げで聞いてきて、散々説明させ、番組でも何ら紹介しない〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る