「GPは売れない」ジンクス破りの期待高まる“滋賀の美少女”

公開日:  更新日:

 5日に行われた「第14回全日本国民的美少女コンテスト」で、グランプリを受賞した高橋ひかるさん(12)。あどけない表情が初々しい、滋賀県出身の中学1年生だ。
 応募総数8万1000超の頂点に立ったが、本人いわく「グランプリの自信は全然なかった。自分に自信がないのでムリだと思っていた」という。歌唱審査では沢尻エリカの「タイヨウのうた」を披露し、憧れの女優に剛力彩芽(21)を挙げた。「モデルもできる女優さんになりたい。剛力さんと共演したいです」と目を輝かせ、200万円の賞金は親孝行に使うという。

 この日は歴代のコンテスト出身者で、事務所の先輩となる面々も会場で花を添えた。米倉涼子(39)、上戸彩(28)、武井咲(20)、剛力の“トップ4”によるトークショーも開催。最年長の姉御は「私の時はハイレグ(水着)審査があったんだよ!」と嘆き、約20年前の晴れ舞台を振り返った。いずれも芸能界でトップクラスの多忙な人たち。それでも誰ひとりとして同コンテストでグランプリに選ばれていない。米倉と上戸は「審査員特別賞」だし、武井は「モデル部門賞とマルチメディア賞」、剛力に至っては本選前に落選している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る