日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Vシネ女王だった横須賀昌美さんは金沢でスナックのママに

 女性アイドルにとって化粧品会社のモデルがキャリアのスタートというのは最高のステップだろう。それを実現したのが80年、資生堂のキャンギャルに抜擢された横須賀昌美さんだ。しかし、スキャンダルに見舞われ、哀れ、転落。その後はヌード写真やVシネマが舞台になった。今どうしているのか。

 横須賀さんと会ったのは金沢随一の繁華街、片町にあるスナック「百」(MOMO)。

「ワタシがママで、妹がチーママ、それとバイトの女のコとボーイさん4人で切り盛りしてるの。08年にオープンしたから、今年で7年目かな。カウンターとボックス席合わせて10人のちっちゃな店でしょ。一見さんがたくさんみえると、すぐいっぱいになっちゃう。でも、ホントはね、あと2年をメドに水商売から足を洗い、焼き肉屋をやりたいと思ってるんだけど、さあ、どうかしらね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事