日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

俳優・笹野高史の意外な顔 「ふしぎな岬の物語」共演者語る

 さすが名作映画はバイプレーヤーもぶっ飛んでるもんだ。改めてそう痛感させられたのは、モントリオール映画祭で審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞をダブル受賞した「ふしぎな岬の物語」(企画・主演、吉永小百合)に出演している笹野高史(66)のことだ。

 11日からの全国ロードショーを前に8日、TBSが特番を組んで吉永や阿部寛、笑福亭鶴瓶、竹内結子らの対談を放送した。その中で笹野の意外な一面が披露されたのだ。

 まず、阿部が「とにかく笹野さんは凄い!」というと、すかさず鶴瓶が「なにしろ乗ってるクルマがポルシェだからね」、続けて阿部も「(あの年で)スマホも自在に操ってるし、なんと電磁波測定器まで持ってるんですよ」。

 かつて笹野にインタビューした日刊ゲンダイの記者も言う。


「約束の場所に世界に二つとない特注のジーパンで現れ、紫色の革製のすてきなバッグからやおらアイパッドを取り出すと画面をスルスルとタッチして写真を見せてくれたんです。あれには驚きでした」

 映画の中の笹野の役どころは、吉永が店主を務める「岬カフェ」がある村に数年ぶりに帰郷するみどり(竹内結子)の父親・徳さん。みどりと徳さんは長年ギクシャクした関係にあったが、やがて別れの日が近づいてきて……。

 11日の公開が楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事