日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

またも飲食ビジネスに走る元若乃花・花田虎上の“懐事情”

 元横綱・若乃花でタレントの花田虎上(43)がプロデュースする個室居酒屋チェーン「若の台所」の新店舗が今月1日、東京・赤羽にオープンして話題になっている。

 同チェーンはもともと、関西を中心に展開していたが、このところ積極的に東京に進出中。花田といえば、02年に「Chanko Dining 若」を運営する会社の社長に就任し、全盛期は30店舗を運営するなどひと財産築いたが、経営が傾いたところで会社を売却。その後も飲食ビジネスを手がけたがうまくいかず、最近は母親の藤田憲子と2人でイベントに出演したり、たまのバラエティー出演以外は“開店休業”状態。それだけに、「お兄ちゃんがまた飲食に手を出した」とウワサになっていた。

「同チェーンは大阪に本社がある運営会社が経営しています。もちろん、花田が経営に直接タッチしているわけではなく名前貸し。それでも『三代目若乃花プロデュース』を売りにどんどん店舗数を拡大中。花田には店舗数あたりのロイヤルティーが支払われているそうです」(飲食業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事