ドラマ女王へ…堀北真希が「ポスト米倉」争いで一歩リードか

公開日:  更新日:

 芸能界は椅子取りゲーム。椅子が空けば狙う者同士の争奪戦となる。

 今年はドラマ女王の座が代わると予想されている。特に昨年末、電撃結婚した米倉涼子の座は大きい。ドラマ界の年間最高視聴率を出した「ドクターX」を「もういたしません」と米倉は続編を拒否。新婚生活を満喫するのか、次なる仕事は未定という。

「視聴者は私生活と役を重ねて見るだけに、女優としての転機は結婚した時と、母親になった時」と業界関係者はいう。

 米倉がどんな役で再登場するかはお楽しみとして、鬼の居ぬ間に米倉の座を誰が奪うのか――。

 近い存在にあるのが堀北真希と思えてならない。昨年12月、堀北はテレ朝で松本清張ドラマ「霧の旗」に主演。胸の開いた真っ赤なドレス姿でキャバ嬢や、黒い下着でソフトながらベッドシーンもこなした。「梅ちゃん先生」のイメージを払拭するかのようでもあったが、米倉がトップ女優の座に就くきっかけになった清張の悪女役と同じ路線。今月から始まる主演ドラマ「まっしろ」(TBS系)ではナース役。コスプレという男性視線も意識にあると思うが、「密かに玉の輿を狙う」役というから、悪女的な要素もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る