アスリートの会話に注目 ファン喜ぶ「キリトリTV」の新手法

公開日:  更新日:

 日曜の特番「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」(テレビ朝日系)は各国のありもの映像を流し、スタジオにいるタレントの顔がワイプで映るというありきたりのバラエティーだったが、スポーツ映像の作りはおもしろかった。

 試合でタイム中やプレーの合間に、コーチや選手が言葉を短く交わすところに注目した視点がいい。たとえば卓球の石川佳純がダブルスの試合中にパートナーに何事か言ってる映像を流し、直後に少しスロー再生したりして「思い切って!」と石川の口元にワイプを入れるようなこと。

 野球ファンにたまらなかったのは、05年9月の阪神-中日戦、優勝を占う大一番で、ピンチを迎えた久保田に駆け寄り何事か言う岡田監督。もう一度、再生し、テロップを入れると、「もうエエよ。打たれてもエエから。オレが責任持つ」。

 その後、久保田はまっすぐで2者連続三振。番組に出演した久保田が当時を振り返り、「(監督の一言で)吹っ切れた」というコメントを挿入したから、単なるタイム中のワンシーンでも深みが伝わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る