アスリートの会話に注目 ファン喜ぶ「キリトリTV」の新手法

公開日: 更新日:

 日曜の特番「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」(テレビ朝日系)は各国のありもの映像を流し、スタジオにいるタレントの顔がワイプで映るというありきたりのバラエティーだったが、スポーツ映像の作りはおもしろかった。

 試合でタイム中やプレーの合間に、コーチや選手が言葉を短く交わすところに注目した視点がいい。たとえば卓球の石川佳純がダブルスの試合中にパートナーに何事か言ってる映像を流し、直後に少しスロー再生したりして「思い切って!」と石川の口元にワイプを入れるようなこと。

 野球ファンにたまらなかったのは、05年9月の阪神-中日戦、優勝を占う大一番で、ピンチを迎えた久保田に駆け寄り何事か言う岡田監督。もう一度、再生し、テロップを入れると、「もうエエよ。打たれてもエエから。オレが責任持つ」。

 その後、久保田はまっすぐで2者連続三振。番組に出演した久保田が当時を振り返り、「(監督の一言で)吹っ切れた」というコメントを挿入したから、単なるタイム中のワンシーンでも深みが伝わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る