“どつき合い”が高評価 お笑いコンビ「ダブルアート」結成秘話

公開日:  更新日:

 年明けまもなく放送された「ぐるぐるナインティナイン」の「おもしろ荘」で2位を獲得。一気に注目度を上げた漫才コンビがダブルアートだ。

「ラッスンゴレライ」のように、何が面白いと説明するのは難しい。とにかくコンビネーション抜群の、ボケ役ツッコミ役がハッキリした正統派の漫才をするのだが、高い評価を受けたのは、まるでコントを見ているかのような息の合った“どつき合い”なのだ。

 それもそのはず。彼らは結成こそ07年だが、小中学校時代の先輩後輩の幼馴染みで、中学卒業後はロックバンド「Wart(ウォート)」として活動していた。その2人が07年、音楽の道を諦め、お笑いを志し吉本興業の養成所(NSC)を受験したのだ。人生のほとんどの時間を共にすごしているわけで、息が合っているのも当然かもしれない。

 しかし、常に一緒だった2人が別々の道を歩んだ瞬間がある。NSCの入試直後のことだ。ボケ役のデブ(池田真一)には届いた合格通知が、ツッコミ役(田口誠)には届かなかったのだ。結局、池田だけがNSCに通い始めた。すると、思わぬ事実が判明する。合格通知が届かなかった田口も実は合格していたのだ。合格通知は郵便事故で届かなかったというオチで、晴れて同期生となり、バンド名をもじった「ダブルアート」という名のコンビを組んだという結成秘話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る