• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“どつき合い”が高評価 お笑いコンビ「ダブルアート」結成秘話

 年明けまもなく放送された「ぐるぐるナインティナイン」の「おもしろ荘」で2位を獲得。一気に注目度を上げた漫才コンビがダブルアートだ。

「ラッスンゴレライ」のように、何が面白いと説明するのは難しい。とにかくコンビネーション抜群の、ボケ役ツッコミ役がハッキリした正統派の漫才をするのだが、高い評価を受けたのは、まるでコントを見ているかのような息の合った“どつき合い”なのだ。

 それもそのはず。彼らは結成こそ07年だが、小中学校時代の先輩後輩の幼馴染みで、中学卒業後はロックバンド「Wart(ウォート)」として活動していた。その2人が07年、音楽の道を諦め、お笑いを志し吉本興業の養成所(NSC)を受験したのだ。人生のほとんどの時間を共にすごしているわけで、息が合っているのも当然かもしれない。

 しかし、常に一緒だった2人が別々の道を歩んだ瞬間がある。NSCの入試直後のことだ。ボケ役のデブ(池田真一)には届いた合格通知が、ツッコミ役(田口誠)には届かなかったのだ。結局、池田だけがNSCに通い始めた。すると、思わぬ事実が判明する。合格通知が届かなかった田口も実は合格していたのだ。合格通知は郵便事故で届かなかったというオチで、晴れて同期生となり、バンド名をもじった「ダブルアート」という名のコンビを組んだという結成秘話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る