“どつき合い”が高評価 お笑いコンビ「ダブルアート」結成秘話

公開日:  更新日:

 年明けまもなく放送された「ぐるぐるナインティナイン」の「おもしろ荘」で2位を獲得。一気に注目度を上げた漫才コンビがダブルアートだ。

「ラッスンゴレライ」のように、何が面白いと説明するのは難しい。とにかくコンビネーション抜群の、ボケ役ツッコミ役がハッキリした正統派の漫才をするのだが、高い評価を受けたのは、まるでコントを見ているかのような息の合った“どつき合い”なのだ。

 それもそのはず。彼らは結成こそ07年だが、小中学校時代の先輩後輩の幼馴染みで、中学卒業後はロックバンド「Wart(ウォート)」として活動していた。その2人が07年、音楽の道を諦め、お笑いを志し吉本興業の養成所(NSC)を受験したのだ。人生のほとんどの時間を共にすごしているわけで、息が合っているのも当然かもしれない。

 しかし、常に一緒だった2人が別々の道を歩んだ瞬間がある。NSCの入試直後のことだ。ボケ役のデブ(池田真一)には届いた合格通知が、ツッコミ役(田口誠)には届かなかったのだ。結局、池田だけがNSCに通い始めた。すると、思わぬ事実が判明する。合格通知が届かなかった田口も実は合格していたのだ。合格通知は郵便事故で届かなかったというオチで、晴れて同期生となり、バンド名をもじった「ダブルアート」という名のコンビを組んだという結成秘話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る