ドラマ「黒い画集」で好演 “オスカー祭り”で得した剛力彩芽

公開日:  更新日:

【連載コラム 「TV見るべきものは!!」】

 芸能事務所のオスカープロモーションと聞いて、すぐ思い浮かぶのは豪華女優陣だ。視聴率女王・米倉涼子をはじめ、真矢ミキ、上戸彩、武井咲などを擁している。

 逆に男優はパッと名前が出てこないが、「ウルトラセブン」の森次晃嗣、田中健、志垣太郎といったベテランが所属している。そしてツートップが村上弘明と陣内孝則だ。先週放送されたテレビ東京開局50周年特別企画、松本清張「黒い画集-草-」は、この2人に同じオスカーの剛力彩芽を加えた3人がメーンキャストだった。しかもオスカーは製作にも名を連ねており、いわば年度末“オスカー祭り”である。

 物語は総合病院を舞台にした連続殺人。その背後には組織的な麻薬犯罪の影がある。事件を捜査する刑事(陣内)、自称・翻訳家の不審な入院患者(村上)とその娘(剛力)という配役は、おのおのの“らしさ”が出ていて十分楽しめた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る