松岡修造が自作応援歌 ブームの“暑苦しさ”はいつまで続く?

公開日:  更新日:

「オレ、テニスプレーヤーなんだよな……」と言いつつまんざらでもない笑顔を見せたのは松岡修造(47)。「C.C.Lemon」の「元気応援プロジェクト」記者発表会に登場し、自ら作詞した応援歌を生披露した。

 修造が公の場で歌声を披露するのは初めてだが、「現役のとき『テニス以外の趣味をひとつ持て』と言われてやったのが歌。(作曲家)平尾昌晃さんのスクールに通ってボイストレーニングもやりました。松岡、おまえは歌手になったのか! そう捉えてもらっていいです」とご機嫌な様子。

 さらに一般ゲスト3人に「打ち上げてみろよ、心の花火を!」「今日からキミは富士山だ!」といったおなじみの“格言”を歌とダンスに乗せて送り、途中からは応援ソングのイントロが流れただけで会場からは笑いが起きていた。

■錦織の現役中はブーム維持か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る